SSD搭載パソコンを試してみよう

HDD,ハードディスク,データ復旧方法,SSD,記憶装置

 

最近よく聞く「SSD」というストレージデバイスがあります。SSDとは、Solid State Driveの略で、ハードディスクの代わりにフラッシュメモリーを使った記憶装置のことです。

 

パソコンのメインメモリーとして使われているRAM(Random Access Memory)では、電源を一度切ると内容が失われてしまうので、ストレージデバイスとしては利用できません。

 

一方で、フラッシュメモリーは、電源を切っても内容を保持できるROM(Read Only Memory)と似たような性質を持ちます。内容を消去(フラッシュ)したうえで新たに書き込むことで書き換えを可能にしています。

 

販売された当初はミニノートで採用されていましたが、現在ではデスクトップパソコンやノートパソコンにも幅広く用いられるようになりました。単位容量あたりのコストはやや高いですが、低価格化も進んでいます。

 

以下のようなたくさんのメリットがあるので、これからパソコンの買い換えを考えている方は、SSDが搭載されたモデルを考えてみてはいかがでしょうか。

 

SSDはとにかく起動が早い!

 

SSDの最も注目される特長は、なんといっても読み出し性能の高さです。電子回路だけでデータを読み書きするので、HDDよりも高速にアクセスできます。

 

HDDでは、ファイルを読み書きするたびにディスクが回転し、ファイルが記憶されている場所まで磁気ヘッドが移動しなければなりませんでした。

 

電気的に信号を読み出すだけのSSDでは、待ち時間は発生しません。この差が読み出し性能となって表れています。

 

消費電力が低い

 

SSDはフラッシュメモリを使っており機械的動作部品がないので、消費電力や発熱が低くなっています。ノートパソコンのバッテリ駆動時間も長くなります。

 

動作が静かで衝撃に強い

 

HDDのように高速回転するディスクがないため、駆動音がなく静かです。また、HDDよりも衝撃に強いため、パソコンを持ち歩いて使うのにも適しています。

 

現在はモバイル環境で、自宅以外でパソコンを使う機会が増えてきました。持ち歩いていると落としたりする危険がありますが、その際のデータ保護に役立ちます。

 

 
スポンサードリンク