ファイルシステム「NTFS」と「FAT32」の違い

スポンサード リンク



ファイルシステムはNTFSとFAT32の2種類がある

NTFS,データ復旧,FAT32,修復,ファイルシステム,メリット

ウィンドウズで使われるハードディスク(HDD)には二種類のファイルシステムがあることをご存知でしょうか?
それが「NTFS」と「FAT32」と呼ばれるものです。

 

ファイルシステムとは、OS(オペレーティングシステム)がファイルを管理し、データを読み書きできるようにするための仕組みのことをいいます。

 

ウィンドウズ98やMeなどのひと昔前のパソコンではFAT32が採用されていますが、2000以降のXPやビスタではNTFSが使われています。

 

 

現在では一般に、内蔵HDDがNTFS、外付けHDDはFAT32が使われています。外付けHDDにFAT32が使われている理由は、FAT32の方がいろいろなOSに対応しているためで、どんなパソコンに接続しても外付けHDDを使えるようにしているのです。

 

NTFSとFAT32の違い、メリットなどをもう少し詳しく次の記事で紹介していきます。


ファイルシステムはNTFSがおすすめ!

【NTFSとFAT32の機能比較】

 

HDDのファイルシステムには「NTFS」と「FAT32」と呼ばれるものがあります。この2つの違いや特徴を紹介しています。

 

 

ハードディスクには興味があるけれども、そのファイルシステムがどうなっているのかを気にかける人はあまりいないでしょう。ふつうに使う分には気にしなくてもいいのですが、大きな違いもあるので知っておいたほうが何かと便利です。

 

結論から言うと、FAT32よりNTFSのほうが優位になっています。一番の違いは、NTFSは4Gバイト以上のファイルを保存できるという点です。

 

「4Gバイト?」と聞いて、自分はそんなに大きなサイズのファイルを扱わないから問題ないという声も出てきそうですが、長時間の映画や動画を楽しむ場合はファイルのサイズがどうしても大きくなってしまいます。

 

大好きなテレビ番組を長時間録画しても、4Gバイト以上になればFAT32では見ることができないのです。大きなサイズのファイルを扱えるのがメリットの1つです。

 

もう1つのポイントになっているのが、NTFSの「圧縮機能」。HDDのファイルシステムをNTFSに設定したフォルダにファイルを保存するだけで、自動的に圧縮されてディスクの領域を節約できるのです。
自動なのでユーザーの手間はいっさいかかりません。

 

なお、mpegやjpegなどのあらかじめ圧縮されているファイルや、容量が小さいファイルにはあまり効果がなく、容量もたいして小さくはなりませんが、大きなファイルを扱うときにはとても便利な機能になっています。

 

特別な理由がなければ、ファイルシステムはNTFSに変換しておきましょう。
ファイルシステムの変換方法

 

スポンサードリンク

データ復旧方法 データのバックアップ HDDの寿命をチェック ファイルシステムとは 相互リンク・お問い合わせ