デジタル遺品への対策を考えておこう

HDD,ハードディスク,データ復旧方法,修復,フリーソフト

 

スマートフォン(携帯電話)やパソコンなどのデジタル機器は、もはや誰もが持っている時代になりました。その中には多くのデータが保存されていることと思われますが、持ち主に万が一のことが起こったときに、そのデータがどうなるのかという問題があります。

 

たとえば、自分の死後に家族がパソコンをさわる可能性があると、HDDのなかの成人向けの画像や動画、秘密にしておきたいメールやチャットのやりとりを見られるかもしれないのです。

 

「自分が死んだあとのことなんか考えなくていいや」という人もいますが、本人の尊厳にも関わるので、できるだけ対策を考えておきたいところです。

 

また、見られては困るデータだけではありません。逆に、伝えておかないと家族や友人が困る情報・データもあります。

 

たとえば、インターネット回線やスマートフォンの通信契約は、引き落とし口座が凍結されない限り月々の支払いが続いてしまいます。また、ネット銀行やネット証券などのお金が絡むものは、パスワードなどを知らせておかないと不利益を被る危険があります。

 

このように、デジタル遺品の問題は自分ひとりだけのことではありません。多くの人が考えておかなければならない時期に来ています。ちなみにデジタル遺品には次のようなものがあります。

 

  1. デジタルデータをつくって保管するモノ・・・パソコンをはじめ、スマートフォンや携帯電話といった情報端末の遺品
  2. デジタルデータそのもの・・・情報端末の中に保存されている写真や動画ファイル、仕事の書類など
  3. インターネットを介して使える状態になっているもの・・・インターネット上にある故人のマイページのアカウント(契約)と書き込んだ投稿、ネット口座の預金など

 

デジタル遺品への対策については、エンディングノートを書いて整理しておいたり、設定しておけば死後にデータを削除してくれるアプリやフリーソフトを利用する方法があります。

 

最近では、あのGoogleも「アカウント無効化管理ツール」というサービスを開始して、生前準備に関する機能を充実させています。

 

HDDには日に日に膨大なデータが溜まっていきますが、余裕があるときに少しずつ準備を始めていくことがたいせつです。詳しい方法についてはデジタル遺品の整理方法や処分を参照ください。

 

 
スポンサードリンク