スポンサード リンク


パソコンが起動しないときの対処は?

 

パソコンの調子が悪くても、症状が軽ければ使い続けることはできますが、そもそもパソコンが起動しなくなるといった重大なエラーの場合は、メールを出すことも、インターネットに接続することも、ファイルを扱うこともできません。パソコンが起動しなくなった原因を突き止めてみましょう。

 

電源プラグは大丈夫?

 

初歩的なことですが、電源プラグをコンセントに接続し忘れていたときは、パソコンは動きません。電化製品全てに言えることですが、意外と見落としがちなので確認してみましょう。パソコン本体との接続が外れているときも、もちろん起動しません。特に、パソコンが何台もあり、プリンタやスキャンなどの周辺機器を多く繋いでいると、ケーブルが多くなって見分けが付かなくなるので注意しましょう。

 

どこが壊れているか突き止める

 

まずはハードウェアが壊れていないか調べてみます。電源ボタンを押しても本体のランプが点灯しないときは、電源装置が故障している場合があります。電源はつくがディスプレイ(画面)に何も映らないときは、ビデオカードの故障が考えられます。BIOSの画面は表示されるのに、ハードディスク(HDD)が認識されないときは、HDDに何らかの異常がある可能性があります。HDDは、論理障害物理障害がありますが、物理的に壊れていると致命的であり、ファイルが復旧できない可能性が高いです。

 

メーカー製のパソコンなら、急いで修理に出すことをおすすめします。

 

画面は真っ黒でも「ピー」と音がするときは?

 

ディスプレイは真っ黒でも、「ピー、ピー」と音がすることがあります。パソコンが正常なときは、「ピッ」と短い音が1回だけ鳴りますが、これはマザーボードが発する音で、「ビープ音」と呼ばれます。これは、各デバイスが正常なことを示すものです。通常は、パソコンに何らかのエラーが発生したときは、ディスプレイにメッセージが表示されますが、画面に何も表示されないときは、このビープ音で知られてくれます。

 

ビープ音の鳴り方の種類によってどんなエラーに対応しているかが分かるようになっているのですが、メーカーのwebサイトやマニュアルに書かれているので、それを参考に問題の箇所を突き止めてみることもできます。

 

音もしないときは?

 

パソコンが起動しない上に、音すら何もしないという場合は、CPUに問題があるか、メモリに何らかの障害が発生している可能性があります。直前に自分でメモリの増設をしていた場合は、正しく装着されていないかもしれません。メモリに問題がないようなら、CPUの故障が原因になっています。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ