スポンサード リンク


ファイルが読み取り専用になっている

ファイルの上書き保存ができないというトラブルにあうことがあります。「保存」ボタンをクリックしても、「(ファイル名)へのアクセスは拒否されました」と表示されてしまうといった事例です。これはファイルの属性が「読み取り専用」に設定されているためです。

 

なぜ「読み取り専用」の機能があるのか?

 

ファイルの復活は、たとえファイルをごみ箱に捨てても、「ごみ箱を空にする」で削除しても、データ復旧のソフトなどを使ってなんとかなります。

 

しかし、上書きで保存してしまうと、上書き以前のファイルを元に戻すことはできなくなります。したがって、バックアップしていない限りは、上書き前のファイルを残すことはできなくなってしまいます。

 

そうならないための機能が「読み取り専用」なのです。大切なファイルは、この設定をしておくことで、簡単に変更できなくするようにできます。しかし、読み取り専用のファイルでも変更しなければならないときがあります。

 

ファイルを変更するには?

 

ファイルを変更する方法には大きく2つあります。

 

1つ目は、ファイルを変更したら、「上書き保存」ではなく、「名前をつけて保存」を選ぶようにしましょう。これで別の名前に変えて、別のフォルダに保存すれば、安全に元のファイルを残しておくことができます。

 

パソコン,エラー,対処,初心者,パソコン用語

 

2つ目は、読み取り専用のファイル属性を無効にすることで、上書き保存ができるようになります。目的のファイルを右クリックして「プロパティ」を選んで、下の方にある「属性」の欄の「読み取り専用」のチェックマークを外します。これでファイルが上書き保存できるようになりました。

 

パソコン,エラー,対処,初心者,パソコン用語

 

 
スポンサードリンク
TOPへ