スポンサード リンク


圧縮ファイルとは?

パソコン,エラー,対処,初心者,パソコン用語

 

ファイルをメールに添付して送ったり、外付けHDDに移動させるときなどに、ファイルの容量はできるだけ小さいほうが扱いやすいものです。そこでファイルを「圧縮する」という技術がよく使われます。

 

ファイルの圧縮とは、圧縮プログラムを使ってファイルのサイズをコンパクトにすることを指します。この圧縮されたファイルを特に「圧縮ファイル」と呼びます。

 

自己解凍型の圧縮ファイルは、ダブルクリックで開くことができますが、それ以外は「解凍ソフト」が必要になってきます。

 

ファイルの圧縮形式一覧

 

ファイルの圧縮形式には複数あり、それぞれの形式に対応した解凍ソフトがないと圧縮ファイルを開くことはできません。圧縮ファイルの種類は、ファイルの拡張子で分かります。一般的な圧縮形式は以下の通りです。

 

形式名 拡張子 特徴

LHA

lzh

日本で一般的

ZIP

zip

アメリカや日本で一般的

RAR

rar

ヨーロッパで一般的

自己解凍型

exe

Windowsの自己解凍型

自己解凍型

sea

Macの自己解凍型

CAB

cab

Windowsで利用、Macでは使われない

SIT

sit

Macで利用

 

 

解凍ソフトを入手しよう

 

どの解凍ソフトを手に入れればよいか分からない人は、とりあえず、LHA形式とZIP形式に対応したソフトをそろえれば問題はないでしょう。

 

ソフトの中には、圧縮、解凍の一方をサポートしたものと、圧縮・解凍の両方をもつものもあります。これらのソフトは、使いやすいフリーウェアがたくさんあるので、いろいろ試してみて自分に最も合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

圧縮・解凍ソフトは「窓の杜」で入手することができます。

 

■「窓の杜」
http://www.forest.impress.co.jp/

 

アーカイブとアーカイバとは?

 

複数のファイルを1つのファイルに圧縮した状態で管理できることから、圧縮ファイルのことを「書庫」という意味で「アーカイブ(Archive)」、圧縮・解凍ソフトを「書庫の管理」という意味で「アーカイバ(Archiver)」と呼ばれます。

 

専門書ではこのように呼ばれることが多いので、覚えておくとよいでしょう。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ