スポンサード リンク


不要なファイルを知ろう

パソコンでは、自分が作成するファイル以外にも、見えないところでどんどん勝手にファイルが作られています。

 

これはパソコンの仕様なので仕方がありませんが、これらの不要なファイルをハードディスク(HDD)内にそのままにしておくと、必要なデータを保存できる空き領域を圧迫してしまうばかりか、動作を重くする原因にもなっています。定期的に掃除してしまいましょう。

 

不要なファイルができる理由

 

アプリケーションソフトのなかには、自動的に「作業ファイル」というものが作られています。

 

これはファイルの上書き保存をするときに、作業ファイルの内容が反映されてファイル本体にコピーされます。通常は役目を終えた作業ファイルは勝手に削除されますが、エラーなどでアプリケーションが応答しなくなったときなどには、Cドライブの中の「Temp」フォルダ内に残ってしまいます。

 

また、Internet Explorerでサイトを見ていると、サイト内の情報は「一時キャッシュ」として保存されています。再度同じサイトを開くときに、素早く閲覧できたという経験はあるかと思いますが、このキャッシュから読み出されるので表示が速いわけです。

 

日に何度もアクセスするようなサイトならキャッシュは有効ですが、一度しか見ないようなサイトのキャッシュが残っていても無駄になるだけです。HDDのなかにはこのような不要なファイルが溜まってしまいます。

 

不要なファイルの種類

 

削除対象となる不要なファイルの種類を紹介します。

 

■ごみ箱内のファイル・・・ごみ箱にあるのは要らないファイルですが、ごみ箱から削除しないままではファイルが存在しているのと同じです。再度必要なファイルなのかを確認してから削除するようにしましょう。

 

■Temporary Internet Files・・・「Temporary Internet Files」フォルダ内にあるWebページのファイルです。ページの閲覧が多いほど蓄積されていくのでHDDを圧迫する元になります。

 

■ダウンロードされたプログラムファイル・・・Cドライブ→「Windows」フォルダ→「Downloaded Program Files」フォルダに保存されたJavaやActiveXコントロールなどのファイルです。

 

■Setup Log Files・・・ウィンドウズが作ったファイルです。

 

■一時ファイル・・・「Temp」フォルダ内の作業ファイルです。削除の対象は現在から1週間前のものです。

 

 
スポンサードリンク

不要なファイルはディスククリーンアップで削除

不要なファイルは自分で1から削除してしまっては大変です。間違って必要なファイルを削除してしまったら、システムがおかしくなってしまうおそれもあります。そこで「ディスククリーンアップ」機能を使って一気に削除していきましょう。

 

【手順】
1.「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスククリーンアップ」を選択。

 

2.ディスククリーンアップの対象を自分だけか、全ユーザーかを選択。

 

3.実行するドライブを選択。

 

4.HDDの解析がはじまるので暫く待ちます。ダイヤログが出るので、削除後にできる空き容量を確認したら「OK」ボタンを押して実行します。

 

場合によってはかなり長い時間を要することもあるので、その間はパソコンに負担をかけないためにも操作は控えましょう。

TOPへ