スポンサード リンク


DLLファイルとは何なのか

アプリケーションには「DLLファイル」というファイルがよく使われています。
拡張子は「dll」となっているのですぐに見分けがつくでしょう。
アプリケーションを起動するとたまに「dllが見つからないため、このアプリケーションは開始できませんでした」というエラーメッセージが出ることがあります。このDLLファイルについて解説していきましょう。

 

まず、ウィンドウズのアプリケーションにはワードや表計算、ペイントソフトなどいろいろありますが、入力した操作を受け付けたり、画面に表示させたり、プリンタで印刷したりと共通している動作がいくつかあります。

 

これらの働きをするプログラムファイルを部分化して必要に応じてメモリ上に呼び出して利用する仕組みを「DLL (ディーエルエル:Dynamic Link Library)」といいます。そしてこのプログラムファイルのことを「DLLファイル」と呼ぶのです。

 

WindowsではDLLファイルを他のアプリケーションソフトと共有できるというメリットがあります。これはプログラマーがソフトウェアを開発する際に、DLLの機能をもったプログラムを新たに作る必要がないことを意味します。

 

また、DLLファイルを共有することにより、HDDの容量やメモリの節約を実現することができるのです。

 

DLLファイルを削除してはいけません

 

DLLファイルは以上に述べたような機能をもっているので、ユーザーが安易に削除してはいけません。
これがアプリケーションを実行できないエラーになる原因となります。

 

アンインストールするときのメッセージに、「共有ファイルを削除しますか?○○.dll」というものが表示させることがありますが、DLLファイルの知識がない一般の人には必要ないと思ってはダメです。他のアプリケーションでそのDLLファイルが使われている可能性があるためです。

 

では間違ってDLLファイルを削除してしまった場合はどうすればよいでしょうか?
答えは簡単です。再びインストールしなおせば全て復旧できます。

 

また、ネットでダウンロードしてきたソフトの中には、稀に自分でDLLファイルを用意しなければならない場合もあります。そのときは、マニュアルに従ってDLLファイルを入手してインストールしていきましょう。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ