スポンサード リンク


拡張子がわかると便利

パソコン,エラー,対処,ファイル,拡張子

パソコン,エラー,対処,ファイル,拡張子

 

ファイルの後ろには「.(ピリオド)」と3文字の英数字が付きます。たとえば画像ファイルの場合「◯◯.jpg」「△△.png」などと付きます。

 

この英数字を「拡張子」と呼び、ファイルの種類を示している重要なものです。
ファイルの扱いに慣れてくれば、拡張子を見ただけで、どんな操作をすればいいのかがわかるようになります。

 

Windowsでは、初期設定で拡張子を隠しているので、これを表示させてみましょう。

 

拡張子を表示させる設定に変える

 

Windowsではファイルの種類を拡張子で判断しています。この拡張子を勝手に書き換えたり、削除してしまうとファイルを開くことができなくなります。

 

このようなトラブルを防ぐために、拡張子は表示されない設定になっているのですが、パソコン初心者を脱したなら、拡張子が見えないと、ファイルの整理やプログラムの実行をする際に、いろいろと不便な面がでてきます。拡張子を表示させるように設定を変えてみましょう。

 

1.「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「デスクトップのカスタマイズ」→「フォルダオプション」を選びます。

 

2.「フォルダオプション」画面の「表示」タブを開いて、「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。

 

パソコン,エラー,対処,ファイル,拡張子

 

これですべてのファイルに拡張子が表示されるようになります。

いろいろある拡張子

よく見る拡張子は以下のようなものがあります。

 

exe アプリケーションソフトの実行ファイルです。
doc Microsoft Word文書の拡張子です。
xls Microsoft Excel形式で保存したシートです。
txt テキスト形式(メモ帳)で書かれたファイルです。
zip ファイルを圧縮した形式につけられる拡張子です。
swf Shockwave Flash Objectの略です。
mp3 MP3形式で圧縮された音声ファイルです。ウォークマンなどで音楽を聞く際に利用します。
jpg JPEG形式で圧縮された静止画像ファイルです。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ