スポンサード リンク


Thumbs.db ファイルが自動で作成される

Windows XPなどでは、画像が入ったフォルダ内に「Thumbs.db」というファイルが自動で作成されることがあります。Thumbs.dbを確認したい場合は、フォルダを開いた画面で「ツール」メニュー→「フォルダオプション」を選択、「表示」タブで「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選ぶと、隠しファイルとして表示されるようになります。

 

「こんなファイルを保存した覚えはない」「変なファイルがあるけどウイルスかな?」と思うかもしれませんが、パソコンに悪影響はないので心配はいりません。

 

Thumbs.dbは、フォルダ内のファイルを縮小表示した場合に自動的に作成される「キャッシュ」です。キャッシュとは、データへのアクセス時間を短縮する目的で一時的にデータを保存するファイルのことをいいます。

 

つまり、Thumbs.dbファイルがあると、次回からの画像の表示を速くすることができるのです。

 

このThumbs.dbは削除しても問題ありませんが、削除してもフォルダを縮小表示するたびに自動作成されます。案外容量を使用している場合もあり、Thumbs.dbを作りたくなければ、以下の手順で設定を変更しましょう。

 

ただし、Thumbs.dbがなくなると、フォルダを開いたときの縮小画像の表示に時間がかかる場合があります。この点は注意してください。

 

【Thumbs.dbが作成されないようにする手順】(Windows XP)

 

1.どれでもいいので、フォルダを開いた画面で、「ツール」メニューから「フォルダオプション」を選択します。

 

2.「フォルダオプション」画面が開いたら、「表示」タブをクリックします。

 

3.「詳細設定」の中から「縮小版をキャッシュしない」をチェックします。

 

4.最後に「OK」をクリックすると、自動的に作成されなくなります。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ