スポンサード リンク


「CC」と「BCC」の違い

パソコンなどでメールを送信するときに「CC」や「BCC」について気になったことはありませんか?

 

パソコン,エラー,CC,BCC,メール

 

「CC」も「BCC」も、同じメールを複数の人に送信するための機能です。
ただし、次のような違いがあります。

 

「CC」とは

 

「CC」はCarbon Copy(カーボンコピー)の略です。通常は送信先のメールアドレスは「To」の欄に入力しますが、送信相手とは別にメールを確認してもらいたいときに「CC」欄に入力します。

 

関係者に対して「読んでおいてほしい」「意見があれば言ってほしい」ということを伝えるために使用します。

 

また、メールを受信した人には、「宛先」と「CC」で送信した相手のメールアドレスがわかります。

 

「BCC」とは

 

「BCC」はBlind Carbon Copy(ブラインド・カーボンコピー)の略です。「CC」と同様に「BCC」に入力した相手にも同じ内容のメールが送信されます。

 

ただし、「CC」とは違い、送信相手には「BCC」で誰にメールが送られているかは表示されません。そのため、多数の相手にお互いのアドレスを知らせずに送信する場合に適しています。

 

「BCC」にアドレスを入力するには、「表示」メニューの「すべてのヘッダー」をクリックするなどします。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ