スポンサード リンク


DVDの規格は5種類もある!

GB単位の大容量のデータの保存にはDVDがおすすめです。DVDは「Digital Versatile Disk」の略で”多目的ディスク”という意味になります。DVDならCDと違って枚数がかさばることがありません。

 

しかし、DVDの規格は多くあるため、その違いやどれを使ってよいのかが分からない方も多いのではないでしょうか?読み出し専用のDVD-ROM以外にも、DVD-R、DVD-RW、DVD-RAM、DVD+R、DVD+RWの5つがあり、容量は4.7GBになっています。

 

自分のパソコンに付いているドライブによっては対応していない場合もあるので注意が必要です。それぞれのDVDの規格の特徴を紹介していきます。

 

DVD-R

1回だけ書き込みができるDVDです。CD-Rの容量が大きくなったものと思っても大丈夫です。データの追記ができないので、1回の作業で容量を使い切るようにしたいものです。映画を見るためのDVD-ROMとの再生互換性が高く、家庭用DVDプレーヤーでも問題なく再生ができます。

 

DVD-RW

こちらは1000回ほど書き換えができるDVDです。しかし、追記ができないため、ファイルを後から書き込むときは、いったんすべてのファイルを削除しなければいけません。また、一部の家庭用DVDプレーヤーでは再生できない場合もあります。

 

DVD-RAM

DVD-RWと同じく何度でも書き換えが可能なDVD規格ですが、こちらは約10万回書き換えができます。そんなに書き換えする機会はないと思いますが、やはり魅力的な規格のDVDでしょう。しかし、DVD-ROMとの互換性がかなり低く、DVD-RAMに対応していないドライブでは読み込むことができません。

 

DVD+R/+RW

こちらのDVDは、上記の3つの規格とは策定した団体が違っています。DVDと同じように扱えますが、厳密にはDVDではなく、パーケージにもDVDの表記はありません。

DVDは信頼のあるメーカー製のものを選びましょう

DVDの価格低下がすすんでいますが、値段だけをみていては困ることもあります。特に、知らないメーカーが作っているDVDには気をつけましょう。まったく書き込みができないDVDやエラーを繰り返すDVD、DVDプレーヤーにまったく認識されないDVDなど粗悪な製品も出回っているのです。

 

大切なファイルのバックアップに、これらの質の悪いDVDを使っても意味がありません。少々高く感じても、大手の信頼できる国産メーカーのDVDを購入することをおすすめします。

 

 
スポンサードリンク
TOPへ