タッチパネルをオフ(無効)にする方法

タッチパネルをオフ(無効)にする方法

スポンサード リンク



タッチパッドをオフにするには

ノートパソコンにはタッチパッドがついています。マウスが要らないので、外出先などでコンピュータを操作するのに便利です。

 

しかし、普段家でノートパソコンを使用している人は、タッチパッドを使わずにUSBマウスを接続している人も多いでしょう。

 

そして、マウス操作中にうっかり指がタッチパッドに触れてしまい、マウスポインタが移動して煩わしさを感じた経験のある人もいるはず。

 

これは、マウスを使っているのに、タッチパッドを有効にしたままにしていることが原因です。
そこで、タッチパッドを無効にしておくとよいでしょう。

 

タッチパッドを無効に設定する

 

1.コントロールパネル→「ハードウェアとサウンド」を開く。
2.「デバイスとプリンター」の中にある「マウス」を選択する。
3.設定画面が表示されるので、「ハードウェア」の右横に表示されているタブを開いて、「タッチパッドを使用する」のチェックを外す。

 

なお、ノートパソコンの種類によって、設定画面の項目は異なっています。ただ「ハードウェア」の右横のタブから行うことには変わりません。

 

スポンサードリンク

タッチパネルをオフ(無効)にする方法関連エントリー

便利な機能キーの使い方を覚えよう
キーボードには、パソコン操作を快適にするための「機能キー(ファンクションキー)」が用意されています。その使い方をマスターしておきましょう。
キーボードで数字しか入力できなくなった!
ノートパソコンで、文字キーを押したはずなのに数字が出るという場合は、「NumLock」が有効になっていることが原因です。設定を変更しましょう。
テンキーを押しても数字が打てない場合は?
数字キー(テンキー)を押しても数字が出ない場合は、NumLockが解除されています。オンにしましょう。
アルファベットが大文字で入力されてしまう場合は?
アルファベットが大文字でしか出なくなった場合は、「Caps Lock(キャップスロック)」キーが有効になっています。オフにしましょう。
言語バー(IMEバー)が消えてしまう場合は?
日本語入力のためのツールバー(言語バー)が表示されない場合、設定画面で変更する必要があります。XPとVistaにわけて解説。

ホーム RSS購読 サイトマップ
パソコン全般 ファイル関連 インターネット・メール キーボード・文字入力 バックアップ・再インストール